女の人

オールインワンジェルのランキングを知る|厳選されたアイテム

治療や美容に使われる商品

頬を触る女性

目元への負担と病気

メイクの中で一番時間をかけるパーツが目元という女性がたくさんいます。その理由としては、目元が一番人の視線が向かいやすく顔の印象を左右しやすいからです。そのため目を二重に整形したり、まつげのエクステンションをつけるなどの工夫をする人が大勢います。マスカラやアイライナーと言った化粧品でまつげを太く長く見せる方法もありますが、目元に少なからず影響を及ぼしている場合があります。まつげが細く量も少ない人は、まつげ貧毛症の可能性があります。まつげ貧毛症とは、普段のクレンジングで目元に負担がかかりすぎていたり生活習慣の乱れ栄養が不足していると起こります。病院で診断を受けると、生活習慣の改善や場合によっては薬を服用したり植毛が必要になることがあります。

美容と健康への効果

まつげ貧毛症の場合は、薬を使うことでまつげの成長をサポートします。日本では2014年に初めて治療に用いるための薬が承認されました。この薬は夜の洗顔を済ませた後で使用します。直接目に点眼せずに専用のブラシにしみこませた状態で、まつげの生え際に塗っていきます。片方のまぶたに使用したブラシは捨てて新しいブラシで反対側にも塗っていきます。ドラックストアで販売されているまつげ美容液は薬事法により、化粧品として扱われています。医薬品に比べて効能や効果は緩やかですが、手軽に使えるため人気があります。まつげ美容液は、不足しがちな栄養素や成分を補うことでハリ・コシ・保湿などの効果を得ることができます。薬や商品を使用する際には、含まれる成分についてしっかりと確認することが大切です。